スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

う〜ん、困った、弱った…

投資で利用している、SBI証券の『投信積立サービスの設定一覧や設定入力画面』がリニューアルされましたが、私にとっては、逆に、とっても使いにくいのです。

基準価額の上下動は大切なのは当たり前なのですが、私が購入時に良くチェックしている各ファンドの買い入れた時点での基準価額の履歴が確認できません。

多分、履歴を確認する方法はあると思いますが、コンピュータ操作に明るくない私には、今のところ、良く解らなくて困っています。

使いにくい・・・

弱ったなぁ〜

困るなぁ〜


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

新しく開設しようと考えているファンドです!

以前から気になっていた以下のファンドを、
今回、新しく開設しようと思います。

ニッセイJPX日経400インデックスファンド
DIAM-たわら ノーロード 先進国株式
DIAM-たわら ノーロード 先進国債券
DIAM-たわら ノーロード 先進国リート
DIAM-たわら ノーロード 日経225
三井住友TAM−SMT インデックスバランス・オープン
三井住友TAM−日経225インデックスe

設定された時期が比較的若いファンドばかりを選択して
開設することにしました。

今後に期待です!


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

もう1つファンドを増やしました!

追加したのは『ニッセイ-TOPIXインデックスファンド』です。

日本の株式市場の代表的な株価指数の1つ、TOPIXへ投資することで、

日本企業の約1680社へ分散投資を行えるファンドです。

2015年5月25日から運用が始まった若いファンドですが、

購入時および換金時の手数料は無料で、

いつものように信託報酬(税抜)を見て、0.3132%と低いことが

決め手となりました。


まぁ、どう転ぶかは解りませんが、しばらくは様子を見守りたいと思います。


TOPIX(東証株価指数)は、日経平均株価と同じく、国内株式市場を代表する

株価指数(インデックス)で、『時価総額』の高い銘柄(大きな規模の会社)の影響を受けます。

ニッセイ-日経225』の資産構成の組み入れ上位10銘柄を見比べると

かなり異なっていましたが、同じ国内の優良企業への株式投資なので、

日本経済の好・不調と相まって同じような値動きをするのかな?

と想像しています。


今後ますます、世界情勢が複雑化し、緊張状態が高まっていくと予想していますが、

日経平均も2万円を超えそうな勢いですし

来年の『三重県の伊勢・志摩で行われるサミット』を皮切りに、

『2020年の東京オリンピック』あたりまでは、

国内の株価は少しずつ上昇するのではないか?

という幻想を抱きながら、今後に期待したいと思っています。


なお、“後出しじゃんけん”をされた感のある3つのSBI証券のファンドとは違い、

コチラは『投信マイレージサービス』の対象となっています。


これで、ニッセイのファンドが6つになり、合計8ファンドを

運用していくことになりました。


その分、1つのファンドに積み立てる月々の金額を減らします。

下落しそうな局面では口数を増やすために買い増ししたり、

積み立ての回数を増やしたりする等して、資産の分散化を図り、

できるだけリスクは取らないようにしていきたいと思っています。


投資を始めてからは1年間近くですが、積み立てるだけで、後は、

ほったらかしにするだけではなく、今後、少しは、無い知恵を絞って考えた

『自分なりの投資(積み立て)法』を試みてみようかな?と

思っています。


その手法については、また後日に。。。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

ウワサは本当でした!

ニッセイの3つのインデックス・ファンドが信託報酬を大幅引き下げし、

国内での最低コストを更新するようです。

購入手数料が無料な上、信託報酬が低い「低コスト投信」で知られている

ニッセイアセットマネジメントが『低コストバトル』の中で、ついに大きく動いてくれました。

11月21日(土)より、以下の3ファンドの信託報酬を大幅に引き下げを敢行してくれます!

該当のファンドを既に保有している方にも全員に適用されるそうで私も一安心です。

①ニッセイ-<購入・換金手数料なし>『ニッセイ-国内債券インデックスファンド

<信託報酬(税込)> 年率0.3348%以内→ 国内最安「年率0.1620%」

②ニッセイ-〈購入・換金手数料なし〉『ニッセイ-外国債券インデックスファンド

<信託報酬(税込)> 年率0.4104%以内→ 国内最安「年率0.2160%」

③ニッセイ-〈購入・換金手数料なし〉『ニッセイ-外国株式インデックスファンド

<信託報酬(税込)> 年率0.4212%以内→ 国内最安「年率0.2592%」

②と③については、私も、現在、保有中なので朗報ですし、

投資額の変更も考えようかと思います。

①については過去に売却してしまいましたが、これだけ低コストになるならば、

再保有するかどうか再検討の余地もあるかな?

と思います。

欲を言えば、信託報酬の低い新興国のファンドも欲しいところですが、

取り敢えず、『SBI証券』様、ありがたやありがたや!

ニッセイさんと競争するように、他の投資信託会社も

『コスト引き下げバトル』に名乗りを上げて欲しいなぁ~

と思っています。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

また一つ、ファンドを追加しました!

☆『SBI-EXE-iグローバルREITファンド

北米60%強、欧州5%強ずつ、残りは、アジア・オセアニアに25%ほどで、

そのうちの8%程度は『日本のREIT』に投資しているファンドです。

ただ、1つ、「『SBI証券の投信マイレージサービス』の対象外」となっていることは残念ですが、

信託報酬 (税込)/年が0.3864ととても低いのは魅力的だと思っています。

☆『ニッセイ-グローバルリート・インデックスファンド』(信託報酬 (税込)/年0.486)を、現在、保有中で、

そちらと被る部分もあるのですが、今のところは、

まずまず納得のいく結果を弾き出してくれているファンドなので、

こちらを売却することは考えてはいません。

現在、人口減少傾向にある日本において、『J-REIT』単体でのファンドや、

『新興国』だけに絞って投資するファンドを持つには、いささか抵抗感や不安感があります。

また、『三井住友TAM-SBI資産設計オープン(資産成長型)(愛称:スゴ6)』にも、

10%ほどの割合で『国内REIT』が含まれていますが、

少なくとも、2020年の東京オリンピック開催の頃までは、我が国の

都心部や大都市及びその近郊において、不動産投資のニーズを感じるので、

「もう少し『国内のREIT』の比率を上げて保有しておくことはプラスになるんじゃないか?

幾分かは自分のポートフォリオの中に上乗せして組み入れておこう。」

と考え、これから数年間は好調なパフォーマンスを期待できそうなファンドなのでは?

と思いました。

いずれにしても、私個人の素人の考え方なので、色々なBLOGを拝読させて頂いて、

特に否定的なレビューも見当たらなかったこともあり、開設する運びとなりました。

いつものことですが、新しいファンドを開設する時は期待感も膨らみ、ウキウキします。

とっかえひっかえは良くないですから、「まだまだ勉強をしなきゃ!」と

言う感じです。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

投資(でもしよう)家

Author:投資(でもしよう)家

BLOG訪問者数カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。